Technologies
“S2”テクノロジーとは...
独自開発の“S2テクノロジー”を用いることにより、低周波特製を
2オクターブ下げる事が可能となりました。
この技術はAnthony Galloスピーカー全製品に採用されています。
“S2テクノロジー”では、エンクロージャのサイズに対する
スピーカー・ドライブの認識方法
「体積効率(ボリュメトリック・エフィシェンシー)」が
改良されています。
通常、スピーカーの体積効率は1~2倍ですが、“S2テクノロジー”を
用いる事で、より大きなスピーカーが鳴っているかのような効果が
得られるのです。
“S2”とは、細かく裁断されたポリエチレンをナイロン・バッグに詰めた
小さな物体のことで、特許取得済です。
“CDT”とは...
Anthony Galloにより独自開発された
“CDT(シリンドリカル・ダイヤフラム・トゥイーター)”に、
航空宇宙技術で使用されている最先端マテリアル
Kynar製のダイヤフラムを採用。
このダイヤフラムは導電率と信頼性アップのため
純銀コート処理を施し、ダイヤフラムの両端にOFC銅線による
リード線を銀ハンダで処理。固定されたポリプロピレン製の
インナーコアの周りに円筒状に形成されております。
このインナーコアは再生音に悪影響を及ぼすダイヤフラム内側の
振動を低減する役割も持っています。
“CDT”最大の特徴は、従来のドライバーと違いボイスコイルや
磁気回路を持たず、信号がダイヤフラムの導電体の表面に流れ、
振動し、直接音楽に変換されることです。
Due、ReferenceIIIに採用されている“CDT”は非常に高効率で、
通常の1インチトゥイーターの36個分の拡散性、
エネルギーを備えています。
FreeDial 0120-004884